不動産の無料査定をしたい方や、不動産を売りたい方は、不動産売却専門の"ERA査定サイト"にお任せ!


HOME不動産売却 虎の巻 訪問編 不動産売却にかかる費用は?

2010.07.01 [ 訪問編 ]不動産売却にかかる費用は?

物件の種類や諸条件により様々な費用がかります。

1.印紙代(国税)
  売買契約書に貼付します。

2.登記費用(国税)
  表示変更・抵当権抹消登記の費用です。

3.仲介手数料(不動産会社への手数料)

4.修理修繕費用(修理・修繕後、引渡をする場合など)

5.不動産譲渡所得税(国税)
  売却利益がある場合。

6.住民税(地方税)
  売却利益がある場合。

7.建物解体費用(更地で売る場合)

8.測量・分筆登記費用(境界の確定や土地を切り売りする場合)

不動産売買の仲介手数料とは

不動産会社を通して不動産を売却した場合に、その報酬として支払うお金を仲介手数料(または媒介手数料)といいます。

仲介手数料はいつ、誰に支払うのか?

不動産売却の仲介手数料は成功報酬ですので、「売買契約が成立した時に」「仲介した不動産会社に」支払います。

仲介手数料はいくらか?

宅地建物取引業法では、不動産売買における仲介手数料の最高限度額を、売買価格の3.15%+6.3万円と定めています。
これは、簡易な計算方法ですが、正式な計算の仕方は以下のとおりです。
●200万円以下の部分
   ∟5.25%
●200万円超~400万円以下の部分
   ∟4.20%
●400万円超の部分
   ∟3.15%

本日のまとめ

不動産売却にかかる様々な費用を知るべし。

一覧へ戻る

その他の"訪問編"エントリー


  • 無料査定やご相談はこちら

あなたの街の加盟店検索

あなたの街にあるERA加盟店をご紹介します。不動産の無料査定依頼や売却のご相談もお待ちしております。

住所フリーワードから探す
都道府県から探す
店舗名から探す

不動産売却の疑問にお答えします

皆さまから寄せられた質問への回答を抜粋してご案内していきます。

5件の質問と回答があります。

このページの先頭へ


HOME不動産売却 虎の巻 訪問編 不動産売却にかかる費用は?

不動産査定・売却は、ERA不動産の"ERA査定サイト"にご相談下さい!